個性を活かすボーディングスクール

“近年は海外に留学を考えている学生の数も増えてきており、珍しいことでは無くなってきました。

その中でも質の高い教育を受けることができるためボーディングスクールは注目を集めています。しかし、ボーディングスクールと一言で言っても様々な学校があるためどの学校に通えばいいのか悩まれている方が多いと思います。

そこで特におすすめとして挙げられるのが、1909年に創立されたThe Blue Ridge Schoolという学校です。こちらの学校はブルーリッジのふもとに広大なキャンパスをかまえる全寮制の男子校で、キリスト教なので週に3回程度礼拝が義務付けられています。学習障害を持つ生徒や留学生の受け入れにも寛容で、学習障害を持つ生徒には個性と才能を引き出す指導を行なっています。

また寮生のほとんどを留学生が占めるなど、積極的に留学生の受け入れを行なっています。このように多種多様な価値観を大切にしており、大学進学率は100%を誇っていることも特徴として挙げられます。勉強だけでなくスポーツにも力を入れており、バスケットボールやフットボールの強豪校として知られています。卒業生にはスポーツジャーナリストやラクロス選手などスポーツに関連する著名人が多いです。

おもな進学先はJames Mason University、Hampden-Sydney College、Lynchburg College、University of Notre Dame、College of William and Maryなどが挙げられ、進学に力を入れていることがわかります。

このように個性を活かす教育を行なっているボーディングスクールを探してみることも学校選びの1つの方法として知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です