ボーディングスクールに入学するためには?

最近では、我が子が、グローバル社会の中で生き抜いていくために、全人教育を理想に掲げた全寮制の学校であるボーディングスクールに通わせたいと考えている方も増えてきました。

感性の柔軟な学生の時期に、ボーディングスクールに入学し、勉強のみならずスポーツや芸術、奉仕活動といったさまざまな活動や様々な文化に触れる経験をすることはとても有益なことです。

ボーディングスクールには有名大学への進学を目的とする名門校もあれば、芸術の分野や特定のスポーツに特化した学校など多種多様なものがありますので、ボーディングスクールへの留学に詳しい専門機関などに相談して、自分に合った学校を選んだり準備をしたりすることをお勧めします。ボーディングスクールに入るためには、願書、志望動機、与えられた課題に対する作文、過去三年間の成績証明書、英語力を証明するテスト、英語と数学の教師からの評価表の提出が一般的です。

合否は、提出書類と面接により総合判定されますが、名門校と呼ばれる、入試難易度が高い学校ほど、英語力も学力も必要とされます。

提出書類を知ると不安になると思いますが、英語力に自信がなくても、国内で英語の準備コースなどを利用する方法もありますし、留学生のための英語クラスのある学校もあります。

一番大切なのは、本人に学びたいという意欲があることですから、まずは詳しい機関で、本人の将来の希望や目的と実力を確認し、それに対する対策を練ることが大切です。海外での生活には不安が大きいものですが、事前に十分な準備をして入学することでうまくいく確率は高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です